りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

メタ・バラッツ氏監修、ほうろく菜種油に合うカレーブック発売決定! ・・・の前に

7月のイベントにお招きしたメタ・バラッツさん監修で、ほうろく菜種油に合うカレーブックが発売されることになりました。

・・・ところで、「カレーブック」って何? というお話。

メタ・バラッツさんは料理人ユニット・東京スパイス番長のひとり。
と同時に、スパイスをメインとした貿易会社「アナン株式会社」の跡取りでもあります。

アナンの商品はインド伝統・原産のスパイスを、日本でも手軽に使えるありがたいものばかり。

なかでもカレーブックはカレーフレークにオリジナルスパイスとレシピがついたユニークな商品。
“本”の形になっているので、「カレーブック」なんですね(^^)

a0281794_13425871.jpg

a0281794_13425804.jpg

a0281794_13425896.jpg


キットの形になっているので、逆に唐辛子を抜いて辛味を減らす~とか
ココナッツもっと足して甘みを~といったアレンジも可能なのです。

組み合わせる肉・魚・野菜や豆、お好みの具材。
そして水・油・塩によっても味わいは千差万別!?
スパイス料理の奥深さの一端に触れることができます。

定番の中辛・辛口。豆もセットになった豆ブック。

以前干し野菜×豆ブックのカレーをいただきましたが、(こちらを参照)
肉や魚介を使わなくても、美味しい&お腹も満足のカレーができます。

また、女川カレーBOOKは宮城県女川町での炊き出しから生まれたもの。
被災した人たちの心と身体をあたためた「食」が、その後現地の「職」を生み出すきっかけとなったのです。


カレーブックシリーズは、よくよく見るとカレーフレークもスパイスミックスも、ちょっとずつ色が違うんですよね~。
原材料は共通するものが多いのに、ブレンドの妙味が隠されているようです。


そんなカレーブックシリーズのひとつに加わるほうろく菜種油のカレーブック。
ほうろく菜種油の特長である香り・旨みをいかして、スパイスを調合してくださったとのこと。
どんな味わいになるのか??
“本”のデザインはどうなるのか?? 今から楽しみです。

ご期待くださいo(^^)o


そして!
このほうろく菜種油のカレーブック発売に先駆けて、記念パーティをします。

日時 10月16日(金)19:00~
会場 toricafe 名古屋市中村区鳥居通4-5
参加費 4,500円(お食事・ドリンク・お土産付)


詳しくは↓のイベントページからどうぞ♪


お申し込み・お問い合わせはお電話でも承ります。りんねしゃまでどうぞ 0567-24-6580


わきた


[PR]
by rinnesha | 2015-09-17 16:16 | 「ほうろく菜種油」激旨レシピ

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha