人気ブログランキング |

りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

お米の管理について

【梅雨の時期に入る前に】
お米の保管について・・・ムシとカビ
春も足早に過ぎて、いよいよ本格的に温かくなる時期を迎えます。春後半から秋を迎えるまで、お米の品質管理に気を遣う時期でもあります。今一度お米の保管方法で気をつける点を紹介します。


お米につく代表的なムシは2種類あります。

一番多いのはコクゾウムシの成虫です。このムシは、ゴマ粒のような黒褐色で、よく見ると口が象のように長く飛び出ており、この姿から穀物の象=コクゾウムシとなりました。米粒に穴を開けるように食害します。もう一つはコクガの幼虫です。幼虫が小さい間は、5ミリ程度の白いウジ虫です。米粒を食害しながら、幼虫は、蚕のように口から出す糸で米粒を紐状に繋いでいきます。成虫になると白褐色の小さ目の蛾となって、お米を離れ、部屋中の薄暗い所を好んで飛び回ります。

いずれも保管温度が30℃近くになると多く発生します。発生した場合は、コクゾウムシの場合は、お米を新聞紙の上などに薄く広げて、日陰に1,2時間干すと、どこかへ逃げていきます。(直射日光に当てると、お米がまずくなります。)コクガは、手や、割り箸で繋がった米粒の固まりを幼虫と一緒に取り除いて下さい。両ムシ共に、手や皮膚に触れても、噛まれたり、かぶれたりするなどの毒を出すことはなく、また、誤って食べたとしても身体に害はありません。お米のカビは25℃以上で、湿度が高くなると発生が増える傾向がありますが、気温の低い冬期間でも、湿度が高かったり、お米を移動した時などの温度変化で米粒の表面に結露が起こりカビが出ることがあります。


お米のカビにも気をつけましょう

カビは、黒や赤、或いは褐色、緑などその時発生したカビの種類によって色や、形状は様々です。また、見た目ではわからなくても、洗米した時に水が黒ずんだり、炊き上がって炊飯器を開けた時の臭いが好くない、ご飯がパサつく、風味がないなどの時も、軽いカビが出ていることが原因の場合もあります。

ただ、日本やアメリカなどのお米のカビには、タイなど東南アジアの暑い地域のお米のカビにある「アフラトキシン」を始め危険な発ガン物質は含んでいないことが定説になっていますので、身体への心配はありません。美味しいお米の水分は、小麦粉や乾麺よりも2~3%高い15~16%あり夏場の長期の常温保管は、ムシやカビを発生させると共に、ムシやカビが出なくても味を落とします。お米は「生もの」「腐る物」と思って付きあって頂ければ有り難いです。真空パックなどの処理がなされていない包装や、真空パックを開封した場合は、夏場は1ヶ月程度で食べ切るようにお願いします。また、25℃以上の所に、長くおく場合は冷蔵庫の野菜室に乾かないように密閉して入れて、使うときは結露しない間に早めに冷蔵庫に戻すように心掛けて下さい。


▼りんねしゃ提携米のご紹介はこちら
http://rinnesha.exblog.jp/20775732/
by rinnesha | 2015-05-25 20:55 | このゆびとまれ通信

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha