人気ブログランキング |

りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

北海道・滝上農場のハッカオイル

「このゆびとまれ通信」 2015.3.10号より

a0281794_184721.jpg

滝上農場のハッカオイル

滝上町は、今でも農業生産として栽培しており、その量は日本の農業生産の95%を占めています。しかし、2005年薄荷栽培面積は2haまでに減少しています。滝上町はまさに「薄荷日本一」のまちです。また、栽培とあわせ医薬品、香料などに使うための薄荷油を抽出するため、蒸留作業も行っています。この作業も今では希少となりました。 現在では滝上町内の数件の農家が栽培しており、栽培から精油まで一貫生産を行っています。また、精油出荷のほか、精油を使った商品も開発・販売しています。最近では、輸入薄荷や合成薄荷などのシェアに押され出荷量は減っていますが、滝上の自然が生んだ安全・安心の「たきのうえ薄荷」が見直され、医薬品などに活用され、注目を集めています。

薄荷栽培の歴史は江戸時代にさかのぼり、北海道に統計として栽培面積が残るのは明治30年からです。薄荷の薬効や効能は多岐にわたり、医薬品用、化粧品、製菓用、生活用品など多用されていました。しかし、合成Lメントールに取って代わられる昭和37年から栽培は激減し、昭和48年には消滅してしまいました。唯一、滝上町に水蒸気蒸留釜とともに細々と生き残っているのが現実です。りんねしゃ薄荷栽培も徐々にですが進展していますので、和種薄荷の復活にかけてみたとい思っています。ピコロ・ハッカあめ、菊花せんこう、くすの木せんこうなどにも薄荷を使用して商品化に至りました。

薄荷には消臭効果もあり玄関やトイレの芳香剤としても多く利用されて、天然成分なので人間はもちろん犬や猫にもやさしいのでペットの臭い消しにも最適です。植物に寄生するハダニ類には忌避活性を示し、家ダニには殺ダニ効果がある事が報告されています。

薄荷は昔から医薬品では湿布薬・筋肉痛薬・メンソレータム・ドロップ・セキ止め薬・胃腸薬・かぜ薬・目薬・かゆみ止め・育毛剤・水虫薬・虫よけ・など、医薬部外品では歯磨き粉・仁丹・口臭除去剤・シャンプー・化粧品・石鹸・洗剤・などその他多数ある故に、地球環境保全や安全性への認識が高い消費者としては天然植物使用へと意識が高まります。薄荷油は、飴、チューイングガムなどの食品に用途されてきましたが、最近害虫忌避や防虫用途への研究も行われており、北海道産薄荷栽培拡大に力を注いでいます。


【和種薄荷オイルシリーズ】のラインナップ

りんねしゃでは、滝上産の薄荷オイルを、栽培品種ごとに分類しています。 

あかまる⇒原種に近い品種で、香りは鮮烈ながらもやわらかさが心地よい。現在滝上農場で栽培面積を拡大中。原種の復活を目指しています。
北斗⇒やわらかさと刺激の少ない香りが特徴。滝上では一番多く栽培されている品種です。
JM-23⇒鮮烈な香りが特徴。滝上のみで栽培される貴重な品種で、人気は高い。今後栽培面積を増やしたい。
 
今後、樟脳も含め、貴重な天然原料のオイルの展開にご期待下さい。

薄荷の蒸留作業の様子はこちら


by rinnesha | 2015-05-07 18:48 | このゆびとまれ通信

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha