人気ブログランキング |

りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

粉石けんを使って上手に洗濯する方法

粉石けんを有効に使うポイントは、水(またはお湯)を十分溶かすことです。石けんが溶け残っている状態では、洗浄力が上がらないばかりか、黄ばみや洗濯槽のカビの原因となり、その長所を引き出すことが出来ません。お風呂の残り湯を使うなど工夫をすると溶けやすくなります。

もうひとつのポイントは、洗浄中の泡立ちです。白く濁っただけの石けん液では本来の洗浄力を発揮できません。よく溶かし、泡立てて使えば、粉石けんを上手に使うことが出来ます。
そしてすすぎは必ず2回はすること。石鹸だと体にやさしいからすすぎは1回でいいかなと思ってしまいますが、繊維の中に石鹸が入ったまま干してしまうと、黄ばみの原因になったり、酸化臭がしてしまいます。

▼全自動洗濯機をお使いの場合
①最低水位まで水またはお湯をはり(20~40℃が適温です。お風呂の残り湯などが良いでしょう)、必要量の粉石けんを入れ、3分ほど洗うコースで回します。
②粉石けんが充分に溶けたら洗濯物を入れ(洗濯物をぎっしり詰めないこと)、標準コースまたは適当なサイクルに設定しスタートします。
③洗濯が終わったら早めに干して充分に乾かします。

粉石けんで洗えばふっくら仕上がり、柔軟剤は必要ありません。黄ばみ・染みにはローブ酸素系漂白剤がおススメです。

a0281794_1825101.jpg

「ローブ粉石けん」は米ぬか脂肪酸をベースにすることによって、溶けやすくし、また、ラードを少しと泡立ちを良くするためにヤシ油を配合して、洗浄力を高めています。箱を開けたときに粉が舞い上がらないようにするグリセリンが少量入れてあり、グリセリンは吸水性が良いため、石けんがさらに溶けやすくなるという利点もあります。

ご購入はこちらから⇒http://rinnesha-shop.com/SHOP/8162.html

a0281794_18423958.jpg

過炭酸ナトリウム100%の酸素系漂白剤です。酸素の力で漂白するので、塩素系漂白剤と違って塩素ガスを発生したり、いやなにおいを出したりしません。また、生分解生が良いので、海・河・湖を汚しません。衣料用にも台所用にもお使いいただけます。
by rinnesha | 2015-04-07 18:26 | 今日のオススメ

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha