人気ブログランキング |

りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

とみしろ塩

日本の塩の歴史はご存知でしょうか。
昭和46年に塩業近代化臨時措置法が制定され、一般企業が日本で塩の製造を行ったり、自由に輸入することが禁止されました。日本の伝統であった塩田を全て廃止し、塩化ナトリウムという高純度の塩のみ(食塩)しか国民は手に入れることが出来なかったのです。
なんとその状態が92年間もの間続きました。自由化の一環として平成10年に、新たに塩事業法が施行され、塩の製造、販売、輸入(2002年より)が自由にできるようになりました。その後は、世界各国から様々な塩が輸入されるようになり、塩製造者も増え、昔ながらの塩田が一部で復活し、日本各地で様々な方法で塩づくりが行なわれています。

海水や岩から取り出す自然塩には、にがりと呼ばれる塩化マグネシウムが含まれているのが特徴で、その他複数のミネラル分が微量含まれていて、食塩のような塩辛いだけでなく、甘みと旨みを兼ね備えた味で、焼き物やおにぎりなどの料理に使うのにおすすめです。


          昔ながらの手造り塩 とみしろ塩
a0281794_17164375.jpg

オーストラリア産天日塩を原料とし、にがり分を加え、一旦真水で溶解し、
伝統の平釜製法で作り上げた昔ながらの手作り塩。
にがり分や微量のミネラル分を含むため、
塩辛いだけでなく、甘さや旨みも感じることが出来る。

ご購入は、りんねしゃ店頭、またはオンラインショップまで。
http://rinnesha-shop.com/
by rinnesha | 2015-02-18 17:19 | 今日のオススメ

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha