りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

えごま油の働き

お客様から、えごま油についてお問い合わせいただきました。
基本の脂肪酸についての説明からさせていただきます。


● 脂肪酸とは

油は1g9カロリーですが、それぞれの油が違う性質を持つのは、
油を構成する「脂肪酸」の種類が違うからです。

・飽和脂肪酸
ラードやバターなど、肉類の脂肪や乳製品の脂肪に多く含まれるのが飽和脂肪酸です。
これらの脂肪酸は溶ける温度が高く、常温では固体が存在します。そのため、身体の中では固まりやすく、中性脂肪やコレステロールを増加させる作用があるため、血中に増えすぎると動脈硬化の原因となります。また、心筋梗塞や脳梗塞、肥満などの生活習慣病につながります。しかし、飽和脂肪酸エネルギー源や体を作る成分なので、不足しすぎると、血管がもろくなったり、脳出血につながったりするので、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸をバランスよく摂取する必要があります。

・不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸は、血中の中性脂肪やコレステロール量の調整を助ける働きがあります。また、一部の多価不飽和脂肪酸には、脳神経の発達やアレルギー症状の緩和を助けるなど、ほかの脂肪酸にはない有効な働きがあります。魚類や植物油に多く含まれ、常温では液状で存在します。

一価不飽和脂肪酸----オメガ9脂肪酸を多く含む--------オリーブオイル、菜種油など
多価不飽和脂肪酸----オメガ6脂肪酸を多く含む---------大豆油、コーン油
オメガ3脂肪酸を多く含む---------えごま油、しそ油、アマニ油、魚油


● えごまとは

えごまとは、一年草のシソ科植物で、青シソとよく似た葉を持つ植物です。
えごまの種子は、食用として今でも飛騨地方で五平餅のタレに使われるなど、伝統食として使用されています。そのえごまの種子から搾った「えごま油」は、その昔生活を照らす
灯明油、また傘に使う防水など塗装用の油として、人々の暮らしに利用されてきました。


● えごま油の働き

現代の欧米化が進む食生活では、オメガ6脂肪酸(リノール酸)が過剰摂取状態にあり、オメガ3脂肪酸(a-リノレン酸)が不足していると言われています。
近年、リノール酸とa-リノレン酸のバランスが崩れたことが、アレルギー疾患や生活習慣病の原因のひとつであることが報告されています。a-リノレン酸は、人が身体の中で作ることの出来ない「必須脂肪酸」ですので、食品から摂取しなければなりません。
そこで注目されているのが、a-リノレン酸を豊富に含むえごま油です。
えごま油は、不足しているオメガ3脂肪酸(a-リノレン酸)を補給するという機能を持った食用油です。食事の偏りをなくし、オメガ3脂肪酸を増やすよう心がけることが大切です。
厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、オメガ3脂肪酸を一日あたり1.6g~2.4g(成人)以上摂取するように、目安量が設定されています。
大体小さじ1杯で約4gとわずかな量なので、毎日摂取するようにしましょう。


山崎
[PR]
by rinnesha | 2014-12-19 17:06 | 今日のオススメ

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha