りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日は野菜の日(8/31)ですね!
野菜といえば・・・朝市でも大人気の干し野菜!

本日も宇治店にご来店された方から、「干し野菜ありませんか?」って声を掛けられました。
東別院手作り朝市でお買い上げいただき、もっと欲しい!と店舗まで来てくださったそうです。

太陽と土と風の恵みがぎゅーーーーーーーっっと凝縮された野菜たち。
野菜を切って、干したら出来る・・・のだけど、その手間たるや当たり前に出来ることじゃない。
津島のおかあさんたちが、楽しく・美味しく食べたいという一心で作りあげるからこそのクオリティには、頭が下がるばかりです。

そんな干し野菜の秘密をちょっとだけご紹介です♪

a0281794_23005254.jpg

干し野菜づくりは、秋から始まります。

10~11月にかけて収穫した人参や大根。きれいにあらって、細かく切っていきます。


a0281794_23040896.jpg

一面にならべられたお野菜! 地面から1mほど浮かせているのも、下を風が通り抜ける工夫。
12~2月は干しの期間。冬の日差しと北西から来る伊吹おろしが味をぎゅっと濃縮します。
雨がふれば直ちにブルーシートで守るべく、空模様を絶えず気にしています。

敷き詰められたお野菜に徐々に隙間が目立ってきます。
a0281794_23023547.jpg
サンルームで最後の仕上げです。
a0281794_23043471.jpg

最終的には、10kgの野菜が600gになってしまいます。
実に6%! その味の濃さにも納得です。

掻き揚げ、サラダ、スープやカレー、炊き込みご飯の具にも。
工夫次第で様々な楽しみ方ができます♪

ちなみに、今日は試食会で、
アナン豆ブック×干し野菜のカレー(野菜からでるだしのおかげで、動物性食材不使用&オイル控えめでも満足の味)
・干し野菜のスープ(パセリパウダーが抜群の効果!)
・細切人参のサラダ(知る人ぞ知る喜界島・花良治胡椒のスペシャルビネガーでさっぱり&人参の甘さ♪)
・花良治胡椒ビネガーの三色マリネ
・まるごといちじくの寒天デザート
をいただきました。
a0281794_13011026.jpg
▲じっくり火を通したお豆と干し野菜の甘みが身体も心もあっためてくれます。
a0281794_13011025.jpg
▲喜界島特産の花良治みかんを使った花良治胡椒をすし酢とあわせてビネガーにし、極細の干し人参と和えました。
a0281794_13010957.jpg
▲花良治胡椒ビネガーでもう1品。色の取り合わせの美しさでも楽しませてもらいました。

a0281794_13010991.jpg
a0281794_13010910.jpg
▲旬のいちじくをつかったデザート。レッドグレープフルーツのピールを添えて。


商品を作る・売るだけでは終わりではないのです。

たとえば保管方法。
せっかくお買い上げいただいた干し野菜、梅雨&夏場にカビてしまった・・・というご意見もいただきました。
出来るまでの解説のとおり、なにも手を掛けていないので、湿気を含むとカビやすくなってしまいます。
高温多湿を避けるように、というご案内が不十分だったと、反省の限りです。
特に湿気の多い時季、高温となる時季は冷蔵庫での保管をオススメします。

そして利用方法。
上記のように、様々な使い方を今後もご提案できればと思います。

朝市でもファンがたくさんついているようですが、皆さんはどんな使い方をなさっているのでしょうか?
ぜひ皆さんからもいろんなアイデアを聞かせていただきたいです(*^^*)


わきた

[PR]
by rinnesha | 2015-08-31 22:44 | 今日のオススメ | Comments(0)

福蕨・桃☆

岐阜県・福蕨(ふくわらび)さんの桃『なつおとめ』が届いています。
箱を開けると立ち上るあまーーい香り!

岐阜県高山市、海抜750〜780mの高冷地に広がる福蕨さんの果樹園。
有機質肥料による土作りからはじまり、特に収穫前は無化学農薬期間とするなど、極力化学合成農薬の使用を抑えて栽培されています。

この春は、桃の若樹が何本も枯れてしまったそうで、収量は平年の7〜8割程度とのことです。
それでも、みずみずしく美しい色(まさに桃色!)の実りをお届けいただけるのはありがたいことです。

『なつおとめ』はその名のとおり、真夏の8月上中旬が収穫期。
果皮の着色も良く、肌荒れも少なく、乙女のような果実になることから、この名前が付けられたそうです。
今ならお店にも並んでいますので、ぜひお求めください(*^^*)

a0281794_12285507.jpg


福蕨さんのウェブサイトはこちら⇒ http://hukuwarabi.net/
桃のほか、りんごやブルーベリーも手がけており、栽培へのこだわりが語られています。

わきた

[PR]
by rinnesha | 2015-08-28 12:27 | 今日のオススメ | Comments(0)

萬望工房・翡翠玉☆

津島で和菓子をつくっている萬望(まんぼう)工房さんから、新作「翡翠玉」が届きました。

素敵な菓銘の正体は・・・
「瀬戸ジャイアンツ」というマスカットを使ったフルーツ大福。

瀬戸ジャイアンツは大粒で、皮ごと食べられるのが特徴です。
白餡で一粒丸々包み、大福にしました。

一口で食べるのはなんだかもったいないけれど・・・
ぱくっと口にいれると柔らかなもち皮・餡に続き、プリっとした瀬戸ジャイアンツの皮&果肉。
この食感がたまりません。

旬の果物を丸ごと使った贅沢な一品です。
a0281794_1311375.jpg


萬望工房さんは、店舗はなく朝市などへの出店を主としており、りんねしゃではこれまでわらびもち、翡翠玉と季節の和菓子を作っていただいてます。

今後もどんなお菓子が届くのか、とっても楽しみ。
期間・数量限定ですので、見かけた場合はぜひお見逃しなく!

わきた
[PR]
by rinnesha | 2015-08-27 13:13 | 今日のオススメ | Comments(0)
製造室は金曜日もクッキーを焼いてました。

りんねしゃのクッキーは全て手づくり。
そう、材料をはかって、まぜて、切り分けたり・型抜きしたり・・・全部手作業なんです!

なので、一度に作れる量も限りがあり・・・
タカシマヤの催事で、もしお目当ての商品が品切れ・・・となってしまったら本当に申し訳ありません。
沢山もっていけたらいいのですが、少しずつ(でも急いで!)作業している状態です(^^;)

おからクッキーは国産大豆のおからと国産小麦粉、厳選された素材で作っています。
油分を極力少なくし、しっかり焼き締めているので、7ヶ月(!)もの長期保存が可能。
それだけ日持ちはしますが、開封したら・・・一枚・・・もう一枚・・・と一瞬でなくなります(*^^*)
とってもカタイので、味わいつつよーく噛んでくださいね。

ほうろく菜種油(荒搾り)を贅沢に使用したクッキーシリーズもおすすめ。
通常、店頭でしか買えないレア商品です☆

a0281794_052811.jpg

▲(上段)シンプルクッキーの材料。ほんとにシンプル!!(小麦粉に粗糖・塩をあわせた後の状態)。
 (下段)その日の気温・湿度、粉の状態で焼きあがりも様々。シンプルながらも飽きの来ない味です。


形もピシッと同じ!というわけにもいきませんが、長年にわたって皆様に愛されているのは、手づくりの良さを損なうことなく、作り続けてきたおかげ。

どちらのシリーズも色々種類がございますので、ぜひ食べ比べをしてお気に入りの味を見つけてください♪

【おからクッキー】レーズン・白ゴマ・KUROGO・かぼちゃ・にんじん・生姜
【雑穀クラッカー】
【ほうろく菜種油】シンプルクッキー・黒ごまスティック・ココアボール


お問い合わせはりんねしゃまで。 TEL 0567-24-6580 


わきた
[PR]
by rinnesha | 2015-08-23 23:05 | 製造室だより | Comments(0)
ナチュラルビューティースタイル展、昨日からはじまりました~
http://www.jr-takashimaya.co.jp/event/150820naturalbeauty/

りんねしゃコーナーはこんな感じです。
a0281794_0292210.jpg

a0281794_0291629.jpg

・ほうろく菜種油各種
・菊花せんこう/除虫菊の輪シリーズ各種
・おからクッキー各種

※今回は自社製品のみです。
基礎調味料などの定番アイテムをお求めの方は立込店・宇治店もしくは28日の東別院はじめ各種マーケットへどうぞ☆

なお、今回エコ雑貨倶楽部で参加☆ 
チームのすてきな仲間たちを紹介します。

◎アレッポの石鹸 【アレッポの石鹸】
http://aleppo.jp/
a0281794_0321078.jpg

シリア・アレッポでつくられる上質な石鹸。
現地では1000年以上の歴史があり、今も家族的な経営の石鹸作りが受け継がれています。

シリア内戦により、現地にあった石鹸市場も破壊されるなど、大きな影響が出ています。
使うことで世界の情勢を知る、買うことで現地の人々を応援する。
そのきっかけになれば幸いです。


◎ボディクレイ  【粘土のスキンケア】
http://www.bodyclay.info/
a0281794_0321122.jpg

天然の粘土"モンモリナイト"から作られたスキンケア製品の数々。
モンモリナイトの結晶は薄い紙を重ねたような状態。
隙間にたくさんの水分を抱え込むことができ、汚れも吸着します。
また、洗い上がりには皮膚を覆う皮膜となり、保湿成分をしっかり保てるのです。

夏季の日焼け対策、冬季の乾燥対策と年間通じてさまざまなシーンにお使いいただけますよ~。


◎セントモニカ 【北海道の馬油、白樺樹液】
https://stmonica.info/
a0281794_0321585.jpg

馬のたてがみ、尻尾のつやつや・サラサラのひみつが馬油。
赤ちゃんのスキンケアにも好適。

白樺の樹液は一見水のような無色透明、でも、不思議な甘みです。
北海道の美深という町でつくられているのですが、偶然にも私も以前訪れたことがあり、懐かしくなりました(^^)


◎ナファ研究所 【竹布】
http://www.nafa-take.com/
a0281794_0321767.jpg

竹からできた天然素材100%の繊維。
手触りがとにかくよいので、ぜひ実際に触れらみてください!
お弁当箱やおにぎり包みに使われるように竹は抗菌作用がバツグン。
また、保湿・保温効果も高く、衣類は身に付けるだけでじんわりあたたまってくる不思議な力をもっています。
新製品の★(ひとつぼし)Tシャツや藍染めトシュカさんとの限定コラボ靴下は必見です


◎ココウェル 【ココナッツオイルほか】
http://www.cocowell.co.jp/
a0281794_032201.jpg

フィリピンの良質なココナッツオイルやスキンケア・ボディケア商品。
ココナッツオイルが注目を集める昨今ですが、ココウェルさんは、消費者の美容と健康へ寄与するばかりでなく、生産者である貧しいココナッツ農家への支援となるべく、商品を送りだしています。

その証の一端が「COCO no ki」シリーズのお皿やスプーン。
実は、2013年11月の台風により倒れたココナッツの樹木の再生品なのです。
被害を受けたココナッツ農家の雇用創出に役立っています。


りんねしゃ定番の商品も多数ございます。
ぜひお手にとって&スタッフの皆さんとお話して、その良さを実感していただきたいです!

また、もし残念ながらここで買い逃しても、店舗で取り扱い可能な場合もございます。
お問い合わせはりんねしゃまで。 TEL 0567-24-6580 


わきた
[PR]
by rinnesha | 2015-08-21 19:15 | イベント | Comments(0)
日本で初めてオリーブを栽培したのは・・・? といえば、今も有名な小豆島。
その小豆島と海を隔てた対岸・岡山県瀬戸内市牛窓町にも、オリーブ園があるのをご存知でしょうか。

日本オリーブ株式会社は、創業者・服部和一郎氏が1942年に小豆島から分けてもらった苗木を牛窓で栽培するようになり、以来オリーブを使った化粧品やオイルの開発・販売を手がけています。

トルトサは、スペインにある自社農園産オリーブを100%使用したエキストラバージンオリーブオイル。
収穫後8時間以内に搾油したオイルは新鮮な風味が生きており、青リンゴの香りと、お茶のようなさわやかな渋みが特徴です。

a0281794_1482843.jpg

▲濃い目のブルーのボトルにオイル自体の緑色が透けてとってもキレイ(*^^*)


オイル自体の風味を味わうべく、おススメ調理方法もとってもシンプル。
さっと茹でた野菜を塩コショウし、トルトサをお好きな量だけかける。
トルトサでじっくり炒めた玉ねぎを卵とまぜ、これまたたっぷりのトルトサでオムレツに。

通常は生食用が多いエキストラバージンオリーブオイルですが、トルトサの場合は肉や魚を焼いてもOK◎
適度にくさみを消し、良い風味を与えます。

最も成熟する11月に収穫されたオリーブのみを使っているため、毎年数量限定での取り扱いです。
「その年限りの味」となるのは単一農園・単一種ならでは。

ぜひ「2014秋オリーブ」の「トルトサ」をお試しください。


【エキストラバージンオリーブオイルトルトサ】
 1本(450g) 2500円(税抜)
 2本セット  5000円(税抜) ←卓上での使用に便利な注ぎ口付き☆


オリーブオイルだけでなく、おなじみほうろく菜種油やゴマ油、話題のエゴマ油にアマニ油
ちょっと前はDHA、EHAなどの魚油も話題になりましたね。
それぞれ特長が異なりますし、ご自身の体質や好みで選ぶのが一番。

とはいえ、「どう採ったらいいの?」という疑問を多々あるかと思います。
そんな油のお話会を9月6日に津島市で開催します!

【油の正しい選び方、摂り方~このおいしくて不安なもの~】
日時:2015年9月6日(土)10:00~
会場:ジャズ喫茶くれよん  愛知県津島市蛭間町宮重582−2
講師:奥山治美氏(日本脂質栄養学会初代会長)
   地曳直子氏(日本オイル美容協会・理事)
主催:りんねしゃ 

ためになるお話×身近な実例×美味しいランチで体で学ぶ実りある時間をどうぞ♪

Facebookにもイベントページあります☆
https://www.facebook.com/events/817373838383567/



トルトサ購入・イベント参加とも、お問い合わせはりんねしゃまで。 TEL 0567-24-6580 


わきた
[PR]
by rinnesha | 2015-08-20 06:33 | 今日のオススメ | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

8月15日(土)は、お盆のため立込店・宇治店とも休業とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by rinnesha | 2015-08-15 16:40 | お店のこと | Comments(0)

有明海苔 紫彩

国内の海苔の生産量の4割を誇る有明海。

そんな有明で3代にわたって海苔養殖を手がけるアリアケスイサン・古賀さんから、「有明海苔・紫彩(しさい)」が届きます!

海苔といえば、四角、いわゆる板海苔が一般的ですが、紫彩は海苔の原形をとどめて乾燥。

板海苔は、海から収穫してきた海苔をミンチで裁断し、それから和紙を漉くようにして四角いシート状に形成するのですが、その過程で海苔に含まれる栄養分や旨みまで崩れてしまいます。

市販されている海苔のほとんどは、養殖の際に病害を防ぐために酸性の液に海苔網を浸す酸処理と呼ばれる作業を行っていますが、アリアケスイサンの「紫彩」は酸処理に頼っていません。
酸処理は、海の生態系への影響があると言われています。
ちなみに、りんねしゃで普段取り扱っている三河湾産の板海苔も酸処理はしていません。

そのまま乾燥させた紫彩は、黒く艶やかで力強い姿、かつ本来の栄養を損なうことない濃厚な旨み。
また、食感や風味が最も優れている『一番摘み海苔』のみを使用しています。

弊社・大島が先だって九州を訪れた際に、その旨さに一目ぼれ。
今回、取り扱いさせていただくことになりました。

愛知県での取り扱い店舗としては、りんねしゃが第1号となります。
店頭には8月下旬にお目見え予定。

伝統を受け継いで生まれた、まったく新しい海苔。
ぜひご賞味ください。

紫彩にまつわるストーリーを綴ったwebサイトもとっても素敵なんです!
ぜひあわせてご覧ください。
 ↓
http://ariakesuisan.com/

a0281794_17114914.jpg


【有明海苔 紫彩】 554円(税別) 15g

もちろん、いつもの三河湾産・岩瀬さんの板海苔も取り扱っております。
ぜひ食べ比べをしていただきたいです♪

a0281794_17345841.jpg


お問い合わせはりんねしゃまで。 TEL 0567-24-6580 


わきた

[PR]
by rinnesha | 2015-08-11 17:37 | 今日のオススメ | Comments(0)
「良い食」について、知る、考える、全10回のトークイベント。
後期がはじまります!


食べるのこと、考える10の問い
Q6 味醂 ~味醂が出来るまで~


2015年8月22日(土) 津島会場 10:00~12:00 / 名古屋会場 14:00~16:00
¥3,000(当日現金にてお支払いください)Guest 角谷文次郎商店(三河みりん) 角谷文子氏
Coordinator/りんねしゃ:大島幸枝
Organizer/Good Foods Information、オイシイワークス

★みりんを使ったスイーツもご紹介★

Facebookイベントページ

油、醤油、砂糖、酢、塩と重ねてきた「問い」
8月はピックアップは“味醂(みりん)”!

みなさんはどんな時に味醂を使いますか?

煮物…照り焼き…他には??
甘みづけなら砂糖でいいんじゃないの?
なんて声もあがりそうですね。

誰もがよく知る伝統調味料でありながら、その効能や使い方は意外に知られていない味醂。

そう、実は効果がいっぱいなんです!

甘み、艶だし、魚等の生臭さ抑え、味の浸透、煮崩れ防止などなど。
“発酵調味料”のひとつでもあるので、砂糖やはちみつとはひと味違う甘さ。

歴史を省みれば、お酒として、滋養飲料として、調味料として、様々な形で日本の食に欠かせない存在だったようです。

愛知県東部の三河地方は、醸造に適した水と温暖な気候に恵まれ、200余年の昔から、みりんの醸造が盛んに行われてきました。 現在でも、みりん業者数全国一を誇るみりん造りの本場!

明治43年創業・愛知県碧南市の角谷文次郎商店さんは、今も三河の伝統的製法で味醂を造っています。
工業的製法により約2~3ヶ月で造られる味醂も出回っていますが、本来の醸造・熟成は2年がかり。

そんな角谷文次郎商店・角谷文子さんをお招きし、味醂の歴史、文化、その価値をひも解いていてみましょう。

もちろん、毎回のごとく実食を交えての舌&体でも感じるお話会です♪


津島会場(りんねしゃ宇治店)では託児も承っておりますので、お子さま連れの方も安心!
(託児ご希望の場合は事前にお知らせください)


りんねしゃにとって商品を扱うことは、食のこと・暮らしのことをいっしょに考えて行きたいという気持ちと常に・密接に繋がっています。

なぜ選ぶか?
何を選ぶか?

なぜ使うか?
どう使うか?

たくさんの商品に溢れる日々に、だれもが幾つもの選択を行っています。
その背景には自分や家族・親しい人に日々健やかに過ごしてほしいという願いがあることでしょう。

だからこそ、皆さんといっしょに問い、考え、感じたい。



この後も
Q7 9/19 玄米と米糠
Q8 10/25 米
と続きます。

ちょうど3回連続で“お米繋がり”ですね。
田んぼの稲が夏の雨と日差しでぐんぐん伸びてきました。

今日は立秋。
新米の季節に向けて、日本人に長く愛される「お米」について、知識を深めてみてはいかがでしょうか?

ぜひご参加くださいね(*^^*)


津島会場:りんねしゃ宇治店
愛知県津島市宇治町天王前80-2
電話受付 (0567)24-6580


名古屋会場へのお申し込みは、オイシイワークスさんへ http://oisiiworks.com/
[PR]
by rinnesha | 2015-08-08 14:22 | イベント | Comments(0)
ジェイアール名古屋髙島屋で開催する、ナチュラル ビューティー スタイル展 に出展します♪

■ナチュラル ビューティー スタイル展~コスメ&雑貨編~
■8月20日(木)→27日(木) 
■ジェーアール名古屋髙島屋 10階 催会場 ※最終日は午後6時閉場

https://www.jr-takashimaya.co.jp/event/150820naturalbeauty/

ご縁のあるエコ雑貨企業の皆さんとの合同ブースで出します(*^-^*)/

りんねしゃの菊花せんこう、おからクッキー、ほうろく菜種油などおなじみの商品のほか、ほうろく菜種油のシンプルクッキー・ココアボール・黒ごまスティックなどのおやつ、まぼろし(?)のピコロ・ハッカあめも持っていきます!

シンプルクッキーは小麦粉と粗糖・ほうろく菜種油・塩のみ(!)
コロコロとした可愛らしい形のココアボール、黒ごまスティックも、シンプルでごまかしが利かないからこそ、ほうろく菜種油はじめ素材にとことんこだわっています。
いずれも荒搾りを使用♪

ピコロ・ハッカあめは北海道の和種薄荷をはじめ、いずれも道産の原料を使ったりんねしゃオリジナルキャンディー。
水蒸気で絞り出したままの精製してない薄荷油を使っているので、とってもマイルドかつ清涼感ある薄荷の香り・味わいが楽しめます。

直に手にとっていただける機会。
また、百貨店での大きなイベントということで弊社としても多くのお客様に出逢える貴重な機会です。

ぜひお越しください。

出展者一覧はこちらも御参照くださいね↓
http://www.jr-takashimaya.co.jp/blog5/archives/32807#more-32807


わきた
[PR]
by rinnesha | 2015-08-07 20:33 | イベント | Comments(0)

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha