りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

口を開けば暑い暑いと思わず洩れるほどの熱気…
昨日の東別院手づくり朝市でも、かき氷の出展が大盛況だったとか。
さて、そんな熱気を吹き飛ばすイベントの紹介です。

金土連続で主催を予定しております。


★7/31(金)★東京スパイス番長バラッツのミステリーツアー★

東京スパイス番長にしてスパイスなどを扱うアナン株式会社2代目・バラッツ氏を招いてのスペシャル企画。
昼はスパイス料理教室、夜はビュッフェ&お話会です。

昼の部の受付は終了となっております。
夜の部は若干の空きがございます。

また!
りんねしゃ立込店・宇治店では、イベント開催にあわせて、アナンのスパイスが店頭に並びます。
レシピつきのキットも多数揃えておりますので、スパイス料理初心者にも安心です♪

また、このイベントにあわせて、バラッツ氏監修ほうろく菜種油を使ったスパイスオイルをつくります!!
後日店頭にも並ぶかも・・・ご期待ください☆

くわしくはこちら↓
https://www.facebook.com/events/120134384989697/


★8/1(土)★暮らしの改善セミナー 電磁波を学ぶ

電磁波ってなに? 携帯や電子レンジにも使われているなら大丈夫なんでしょ? でもなんだか頭が痛くなるって話もある??
現在、電磁波はさまざまな技術に応用されていますが、その歴史はまだまだ浅いもの。
人をはじめとする生物・環境への影響は未知数のまま、推進されてきた側面があります。

利点・リスク両面から、電磁波を知り、選択できる消費者になることが肝要です。

専門家を招いてのお話会&終了後はくつろいだ雰囲気で竈ごはんを食べましょう(*^^*)♪♪

くわしくはこちら↓
https://www.facebook.com/events/1604919696417347/

お問い合わせはりんねしゃまで。 TEL 0567-24-6580 
[PR]
by rinnesha | 2015-07-29 19:21 | イベント | Comments(0)

発酵甘酒・米グルト

昨日につづき、夏バテにおすすめの発酵飲料のご紹介です。

寺田本家の「米グルト」。

原材料は米と米麹。
あれ、それって甘酒では?と思われるかもしれませんが、こちらは「発酵甘酒飲料」
乳酸菌の働きにより、おなじみの甘酒の甘さに、酸味が加わった不思議な味わい。
りんねしゃでもコアなファンの支持を得ています。

ストレートタイプなのでそのままごくごくどうぞ。
ヨーグルトのように、お料理やお菓子作りにお使いいただくこともできます。

ちなみに「甘酒」は夏の季語。
古来から夏バテに利く飲み物として親しまれてきました。

伝統ある造り酒屋の一風変わった発酵甘酒「米グルト」。
ぜひ一度ご賞味ください。

a0281794_18214267.jpg



寺田本家様の米グルトレシピはこちら
http://www.teradahonke.co.jp/mygurt-recipe.htm

購入のお問い合わせはりんねしゃまで。 TEL 0567-24-6580 
[PR]
by rinnesha | 2015-07-28 19:00 | 今日のオススメ | Comments(0)
大鹿村から昨夜愛知に戻りましたが、一夜とはいえ涼しい夜をすごした後で、あまりの寝苦しさに辟易しました。。。

今は暦の上では「大暑」。
その名のとおり、暑さの一段とはげしい季節ですが、夏ばてしていませんか?

冷房で部屋を涼しく・・・というのも手ですが、食べ物で暑さ・夏バテ対策を♪

というわけで、夏バテに利く酵母・発酵食品をおすすめしたいと思います。

発酵は酵母が糖質をアルコールと炭酸ガスに分解すること。
つまり、酵母がなければ発酵はすすみません。

そんな酵母がたっぷり入った天然酵母飲料「コーボンマーベル」

「発酵」といえばしょっぱい・すっぱいものを想像しがちですが、
コーボンマーベルは伊豆天城山から採取した天然の酵母を、果物で培養したもの。
甘く親しみやすい味に仕上げています。

水やお湯で溶くほか、夏場はソーダ割りがおススメです★
ソース感覚で、ヨーグルトやカットフルーツにかけるのも◎

また、代表的な発酵食品のひとつ「ぬか漬け」
コーボンにも含まれる天然酵素を配合した「ぬか床一年生」なら、
ご家庭で美味しく、かつ簡単にぬか漬けが楽しめます。

毎日の食事に発酵食品を摂り入れ、内側から夏バテに負けない身体をつくりましょう。

商品について、くわしくは第一酵母株式会社様のページをご参照下さい。
http://www.daiichikobo.com/

購入のお問い合わせはりんねしゃまで。 TEL 0567-24-6580 

a0281794_19381635.jpg


わきた
[PR]
by rinnesha | 2015-07-27 19:50 | 今日のオススメ | Comments(0)

大鹿村ツアー報告その2

続いて、福沢さんの牛舎へ。 (報告その1はこちら)


福沢さんはご自身の牛舎の他に集乳の仕事もされており、普段の餌やりなどは奥さまが担っています。


先頃1頭が事故になり、処分せざるを得なかったそうです。
1頭100万円という高額で取引される成牛。しかし子牛から育てるのには時間もお金もかかります。
1頭でもダメになるのは、畜産家のみならず、流通の担い手にも影響を与えます。

青木さんの牧場で、道子さんも
「ひとりではできないこと。屠殺する人、捌く人、売る人がいるからやっていられる」
と話していました。

まぁのさんでは牛を定期的に“一頭買い”します。
どの部位が売れるかはわかりませんし、鮮度が保つうちに売り切る必要があります。

一方、通常の精肉業者は欲しい時に、欲しい部位を指定して仕入れることが大半。市場では当然、十把一絡げです。

青木さん・福沢さんは、自らまぁのさんのお肉を購入。
自分の舌で確かめ、より良い牛を生育方法を模索しているそうです。

リスクは高いのですが、一頭にこだわることで、生産者さんを支えているのです。

a0281794_17201428.jpg

[PR]
by rinnesha | 2015-07-26 19:20 | 生産者について | Comments(0)

大鹿村ツアー報告その1

長野県の大鹿村に来ています。
南アルプスの麓、日本一美しいと言われる村のひとつにあげられる大鹿村。

りんねしゃで取り扱っている牛肉“大鹿牛”“アルプス牛”の生育地でもあります。

精肉加工をしているまぁのさんが、生産と流通・消費の場を繋ぐため、毎夏企画されている大鹿村ツアー。
創業以来、23回目だそうです。


自然の美しい大鹿村ですが、リニア建設の予定地でもあります。

今回のツアーでは生産者の青木さん・福沢さんの牛舎、リニア建設予定地などを見学します。


始めに訪れた青木さんの牧場。

ご家族の皆さんが迎えてくれました。

a0281794_15282845.jpg


牛舎には約30頭、この他標高1500mの牧場にお母さん牛がいるそうです。

牛たちは青木さんの永き不在を知ってか知らずか、表面上はかわりなく過ごしていました。

息子の連さんは、青木さんの癌発覚後にはずっと牧場に留まり牛たちの世話してきたそう。

屋台骨である青木さんを失ったことで不安もありつつ、これまで通りによい牛を育てたいとおっしゃていました。

この続きはまた。

---------------
(追記)
大鹿村ツアー報告その2はこちら

[PR]
by rinnesha | 2015-07-25 22:20 | 生産者について | Comments(0)

北海道・滝上農場ブログ

菊花せんこうの原料となる天然除虫菊・和種薄荷の栽培、比内地鶏の飼育をしている、北海道・滝上農場の活動様子を毎日ブログにて更新していますので、ぜひご覧ください。

北海道・滝上農場のブログはこちら

滝上農場で飼育している比内地鶏の卵「ピコロのたまご」が、近日中に、滝上町の道の駅にて販売することになりました!!!ご期待ください。
a0281794_122722.jpg

[PR]
by rinnesha | 2015-07-22 12:00 | 滝上・除虫菊農場 | Comments(0)
みなさまに親しまれている長野県の大鹿村産・アルプス牛について、 精肉を行っている「まあの」の小村さんより、生産者の青木さんがなくなられたとの連絡がありました。

がんの病床にあることは聞いており、闘病中でした。
青木さんはリニア建設運動にも反対し、地域活動の中心的存在でもありました。娘さんや息子さんも一緒に地域で活動しておられ、今後も家族で牛飼いは続けていくとの事、うれしい限りです。

まあのさんより報告が届いておりますので紹介します。

************

7月12日朝5時5分、青木清さんは胆管ガンのため、自宅で亡くなられました。68歳でした。
お連れ合いの道子さんによれば、本当に静かな死であったということです。
当日娘の香糸さんから連絡をいただき、翌13日に、グリーンライフの花房さんと弔問のために大鹿村に出かけました。途中で安全農産供給センターの上田さんとも合流しました。

青木さんの家は自分で建てた大きなログハウスですが、その一室にお棺が安置してありました。
最後に黄疸が出ていたので少し顔が黄色くなっていましたが、穏やかなお顔でした。

道子さんが話してくれます。
「…最初は家族葬で、身内だけで済まそうと考えていたが、子どもたちの『やっぱりお世話になった村の人にも伝えないと…』との意見で、葬儀はしないが翌14日を「お別れの日」として、村の人たちにお別れを言いに来てもらうことにした。
15日火葬の予定。戒名はつけない」

…思えば青木さんは「非戦」の看板を家の周りに立て、平成の大合併時には「合併反対」のステッカーを車に貼って村内を走り回り、リニア反対の先頭に立ち、でも立場の違う人ともできる限り話せる道筋をつけ、何よりも阪神タイガースの大ファンの燃える人であり、子どもが大好きな優しい人でした。
あらゆる権威に懐疑的で、自由に生き切った青木さんらしい最期かもしれません。

道子さんのそばに息子の連さんもいます。
「これから肉質のばらついた牛が出るかもしれません」と、ちょっと自信なさげです。

でも彼にとって牛は生まれた時からそばにいました。小さい頃から牛の世話の手伝いをしていました。
今回も青木さんが弱ってくるのに合わせて、連さんが牛の世話を任されてきています。

道子さんが続けて話されます。
「この10年“あんじゃネット”(介護事業)の立ち上げから関わってきました。ようやく軌道に乗って次の世代も育ってきたので、私はそろそろ家に戻って、野菜を作ったり牛を飼ったりしたいと思っています」
「青木は最後まで治るつもりで、和牛の母牛を30頭まで増やしてきました。この世話だけでも大変」。

これも青木さんらしい前向きさの表れかもしれません。それとも残された者たちに「和牛は頑張れば経営の柱になるよ」と、テーマを残したということでしょうか。

つくづく私小村は、ラッキーであり、またアンラッキーだと思います。芦浜原発反対運動の闘士・上村さんや、天性の自由人・青木さんと出会えたことは肉屋として幸運なことで、お二人からは人間として大いに学ばせてもらいました。それなのに、上村さんは3年前に64歳で、今度は青木さんが68歳で、早々と先立って逝ってしまわれました。もっともっとお付き合いをしたかった。

なお、7月25日・26日の大鹿村ツアーは、予定通り行ないます。まだ空きがありますので、関心をお持ちの方はすぐご連絡ください。

************

今後もアルプス牛は続きます。食べるという形で支援できればと思います。ぜひ応援して下さいませ。

また、文中にある大鹿村ツアーはまあのさん主催で毎年行われているものですが、急遽・脇田が参加させていただくことになりました。

牛舎やリニア工事予定地の見学も含まれておりますので、またレポートさせていただきます♪
[PR]
by rinnesha | 2015-07-22 11:30 | 生産者について | Comments(0)

ミサトっ子デビュー★

毎年恒例のミサトっ子が届きました。

実はいままで持っていなかったので、今回初めて購入しました!

a0281794_2074265.jpg


ミサトっ子は、国内有数のゾウリ生産地・奈良県生駒郡三郷町でつくられているい草ゾウリです。

天然のい草をはじめ、有害物質の出ない素材はもちろんのこと、一点一点手作業丁寧に作られており、軽やかかつ温もりが感じられます。

特に幼少期のお子さんにとっては、土踏まずの形成や、体の湾曲の防止に大いに役立ちますよ!
体の歪みを直すことで、筋力ばかりでなく、判断力や集中力の向上にも役立ったという研究もあるとか。
また成人にとっても外反母趾をはじめ足のトラブル解消効果が期待できます。

なにより、履き心地がとってもいいのです。
おろしたてのぞうりはい草のいい匂い(*^^*) おばあちゃんちのたたみのお部屋のような懐かしさ。
とくに素足だと、い草のさらっとした感覚、踏み込み心地よさが、ダイレクトに感じられます。

原則りんねしゃでは注文のみでの販売となります。
気になった方は機会をお見逃しなくo(^-^)o

わきた
[PR]
by rinnesha | 2015-07-21 18:53 | 今日のオススメ | Comments(0)
津島市のプレミアム付「つし丸」商品券が18日(土)から通用開始されました(12月31日までご利用できます)。

りんねしゃ立込店・宇治店およびイニュニックビレッジも加盟店となっております。

共通券(青色)、一般店専用券(黄色)のいずれも利用可能です。
お持ちの方はぜひお使いくださいませ。

a0281794_12555853.jpg

[PR]
by rinnesha | 2015-07-20 19:56 | お店のこと | Comments(0)

アイスクリームの添加物

店頭に並ぶアイスクリームボックスをのぞくと、その種類の多さに驚きます。夏の人気食品でどの家庭にも子どもにせがまれて買い求めているはずです。あれほど種類の多いアイスクリームは量や形などが違うばかりでなく、一見同じに見えても中身はかなり違います。

アイスクリームは法令によって、①アイスクリーム ②アイスミルク ③ラクトアイス の3種類に分類されています。この三つ以外は氷菓で、氷菓も ①カキ氷 ②アイス ③氷あずき ④シャーベットに分類されており、この氷菓は乳製品としての栄養価はありません。

表示が義務付けられているものは、①種類別(アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスのいずれか)②無脂乳(固形分あるいは乳脂肪分が何%入っているか)③乳脂肪以外のものは何%はいっているか ④主な混合物(原材料名) ⑤食品添加物 ⑥製造者名 です。(注1)

「アイスミルク」や「ラクトアイス」には植物性油脂が表示されたものがあります。植物性油脂はふつうヤシ油、パーム油、ナタネ油などが使われています。ヤシ油、パーム油などは品質の良し悪しがあり、質のいいものは高価なため、割安な質の悪いものが使われることもあるそうですので、用心したほうがいいと思います。またヤシ油、パーム油はなどには栄養価は期待できません。

バニラアイスクリームにも、安定剤、着色剤、乳化剤、着香料などという表示がしてあります。どのアイスクリームにも最低これだけは添加されています。

氷菓のポリエチレン容器詰めの「清涼飲料水」がありますが、表示をよく見てみると無果汁のものが多く、入っていてもせいぜい果汁10%くらいで、その他は水と糖分、食品添加物のみです。

このように多種類の食品添加物が使用されていて表示を見るとその数の多いことはよくご存知と思います。それでも表示義務のないものもありますので、それ以上に使われている場合でも何がどの位添加されているのか、わかりません。
たとえば乳化剤には、界面活性剤のグリセリン脂肪酸エステルなどが使われている。着香料にはバニリンのように安全性で問題になっているもの、また人口甘味料として発がん性の疑いのあるサッカリンを使っているものも多いです。(注2)

アイスクリームはよつ葉の生クリームと牛乳と粗糖で簡単に作れます。また、氷菓子は梅ジュースを製氷皿に入れて凍らせてつくったり、カキ氷器を使ったり、どうにでも工夫できます。たまに市販のものを買うのはやむをえないけれども、常時のおやつは家庭で作る方がおいしいし、安全だし、安価に出来ます。

ちょっと手間はかかりますが、体力の弱る夏だからこそ、栄養価のある冷たいおやつを工夫してみましょう。


(このゆびとまれ通信No.203 1984年7月13日号より)


★★おすすめのアイスクリーム&氷菓★★

・よつ葉十勝アイスクリーム 
乳化剤・安定剤を一切使用していない、北海道の自然の風味を生かしたプレミアムバニラアイスクリームです。
a0281794_18201050.jpg


・オルター アイスキャンディー
出来る限り国産の原材料でつくったやさしい甘さのアイスキャンディー。
a0281794_18201980.jpg






注1 
現行法では、上記のほかアレルギー物質の表示、栄養表示、容器包装識別表示なども表示義務事項となっています。

注2
サッカリンはその後、食品衛生法により使用量に規制が設けられました。

[PR]
by rinnesha | 2015-07-17 19:38 | このゆびとまれ通信 | Comments(0)

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha