りんねしゃ 立込店・宇治店 お知らせブログ

rinnesha.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

オリーブオイルは、オリーブオイル中の脂肪酸の約70~80%を占めているオレイン酸が、血中コレステロールを滅らしたり、胃酸の分泌を調整するしたり、腸を滑らかにし、腸の運動を高めたりという作用があります。

オリーブオイルを使った伝統料理を日常的に食する地中海地方などに住む南ヨーロッパの方々は、心臓・血管の疾患の発生率がほかの欧米諸国に比べ約1/3ときわめて低いというデータがあります。さらに、日本では1日の摂取エネルギー量に占める脂肪の割合を25%以内におさめるのが理想とされているのに対して、地中海沿岸では約25~30%、ギリシャではなんと約40%も脂肪分を摂っているというのにです。よく食べ、よく飲む欧米人にとって、オリーブオイルは最適な油ということでしょうか・


オリーブオイルの現状

オリーブオイルは、製法によって二つに大別されます。生の新鮮なオリーブ果実から機械的処理のみでオイルを取り出して作られたオイルを「バージン・オリーブオイル」といい、その搾りかすなどを原料に化学溶剤で抽出して作られたオイルを「ポマース・オリーブオイル」といいます。

さらに「バージン・オリーブオイル」の中にはさらに細かい品質ごとの等級があり、最高グレードが「エキストラバージン・オリーブオイル」、次に「バージン・オリーブオイル」、そして「ランパンテ・オリーブオイル」と続きます。ランパンテとポマースはそのままでは食用に適さず、機械油などの工業用油の原料とするか、精製して、食用のピュアオイルや化粧品用オイルなどの原料となります。

現在、国際市場では一応「エキストラバージン」規格は存在し、その基準はEU法や、各生産国の輸出規制や国内法の品質規格基準として定められています。しかし、日本では、オリーブオイル製品に「エキストラバージン」という表示を付けることに関して、規制はまったくありません。欧州の「エキストラバージン」基準を満たしていないオイル製品を、「エキストラバージン・オリーブオイル」と書いたラベルを貼って日本で販売しても、問題ないというのが実情です。


ウエルダのエキストラバージンオリーブオイル
a0281794_1938577.jpg

弊社で取り扱いをしているウエルダのエキストラバージンオリーブオイルは、ギリシャ南部ペロポネソス半島にあるカラマタ地方で作っています。ここは、欧米では大変有名なオリーブの産地で、地中海地方で一番品質が良いといわれています。オイルは、現地工場で搾りたてを瓶詰めにした100%一番搾りのエキストラバージン・オリーブオイルであり、添加物や防腐剤は全く使用されていません。
a0281794_19391923.jpg

(ギリシャ南部・カラマタ)

オリーブの草の香りがつまったヘルシーで濃厚なオリーブオイルは、イタリア料理やギリシア料理の基本的な味のベースになるだけでなく、日本料理の焼き物、揚げ物にもしっくり来ます。油臭さがまったくないのでさっぱりいただけるのです。臭みや癖のないフルーティーな味なので、ドレッシングなど生で食されるのがおすすめです。

1L / 500ml /250ml を販売中。
お問い合わせは、りんねしゃ宇治店(TEL0567-24-6580)まで
[PR]
by rinnesha | 2015-02-26 19:41 | 今日のオススメ | Comments(0)
【週末の出店情報~♪】

2月28日(土) 10:00~14:00
東別院てづくり朝市@東別院
a0281794_18534319.jpg


3月1日(日)10:00~14:00
ホシヅキヨマーケット@犬山・星月夜
a0281794_18541177.jpg

東別院朝市では定番の基礎調味料やジャムなどを中心に、ホシヅキヨマーケットには基礎調味料に加え、ベジのレトルト食品なども新たに持っていこうと思います。よろしくお願いします。
[PR]
by rinnesha | 2015-02-26 18:54 | イベント | Comments(0)

鹿北製油さんのえごま油

りんねしゃで取り扱いしている鹿北製油さんのえごま油が、昨日テレビで特集されていました。

鹿児島県に本社を置く鹿北製油さんは、「身土不二」(自分が暮らす土地で穫れた季節のものを、一物全体エネルギーを余さずいただく)の精神に則り、原料本来の栄養や風味を出来るだけ損なわない、より美味しく安心な製品を提供されています。油の原料には、日本国内で契約栽培したものを使用し、1983年から世界で初めて黒ごま油を製造・販売され、現在も黒ゴマ・白ゴマ・えごま・なたね・金ゴマ・椿 などの油を製造されています。

昨日のテレビでは、普段あまり見ることの出来ないえごま油の製造風景が放映されていました。
えごま油は、農薬・化学肥料不使用栽培のえごま(国産)の原料を使用し、「玉搾り」という昔ながらの方法で搾油されています。精製は手漉き和紙でろ過するだけで、添加物や化学薬品等(カセイソーダー等)は一切使用されていません。
a0281794_13293597.jpg

a0281794_13294947.jpg

a0281794_13315524.jpg

a0281794_1332775.jpg

a0281794_13321774.jpg

a0281794_13322637.jpg

a0281794_144958100.jpg

近年、リノール酸とa-リノレン酸のバランスが崩れたことが、アレルギー疾患や生活習慣病の原因のひとつであることが報告されています。a-リノレン酸は、人が身体の中で作ることの出来ない「必須脂肪酸」ですので、食品から摂取しなければなりません。

えごま油は、不足しているa-リノレン酸を補給するという機能を持った食用油です。a-リノレン酸は、体内に入ると、脳にとって大切な栄養素EPA・DHAに変化し、脳の神経細胞に良い影響を与えます。脳の神経細胞が死滅していくと、認知症になる可能性が増大していきます。EPA・DHAの1日の目標摂取量は約2gといわれ、これはサバ半身分に値しますが、えごま油だと大さじ1杯でこの量を摂取することが出来ます。
えごま油は熱に弱いため、卵かけご飯にかけたり、味噌汁に入れたり、茹でた鶏肉にかけたりして、毎日取り入れましょう。

様々なメーカーがえごま油を販売していますが、鹿北製油さんのえごま油は、製法と原料にこだわられており、圧倒的に味も良いため、おすすめです。りんねしゃでも、取り扱いしていますので、お問い合わせ下さい。
[PR]
by rinnesha | 2015-02-25 15:02 | 今日のオススメ | Comments(0)
a0281794_18532817.jpg
a0281794_18533916.jpg

熊本県・水の子会の森下さんからパール柑が入荷しました。

水の子会では出来る限り、農薬や化学肥料に依存しない栽培を心がけながら、環境に優しく、お客様にも安心して食べていただけるような作物作りをされています。

パール柑は皮が黄色くて厚く大玉、系統的には文旦の仲間にあたります。1玉の重さが約500gほどと温州みかんよりも大きめで、文旦の血を引く柑橘類で果肉は淡黄白色、肉質は柔らかく爽やかな酸味があり、さっぱりした食味をもっています。糖度が14~16度ほどあります。
皮は(黄色い外皮と内側のワタをいっしょに)砂糖づけなどにして食べられます。中国では皮の白い部分を炒め煮にするそうです。また天日干しにしてポプリやお風呂に入れても良いです。

パール柑の入荷を待っていてくださったお客様も多く、早速たくさんのご注文をいただいています。まだまだ、ご注文をお待ちしています。
[PR]
by rinnesha | 2015-02-23 19:02 | 今日のオススメ | Comments(0)
a0281794_1791966.jpg


ココウェルさんのエキストラバージンココナッツオイル(瓶タイプ)ですが、現在たくさんのお問い合わせを頂いていて、入荷待ちの状態が続いており、大変申し訳ございません。

そこで今回、持ち運びに便利な個包装タイプが登場しました!
出張やご旅行への携帯はもちろん、ココナッツオイルを初めてお使いになる際のお試し品としても最適です。内容量は、オイルプリング1回分相当の10gとお使いやすいサイズが10本入っています。

エキストラバージンココナッツオイルは、白いココナッツ果肉を低温殺菌&発酵分離した栄養素が豊富です。美容や健康に、ダイエットのサポートに、免疫力の向上に、脳の健康におすすめです。そのまま食べたり、飲み物に混ぜたり、バター代わりにトーストに塗ったり、お菓子作りにバターの代替としてご使用下さい。


●ココウェルさんのエキストラバージンココナッツオイルの特徴●
・Cold-Press法(低温圧搾法)を採用
ココナッツに含まれる豊富な酵素を壊さないように、熱を加えることなくゆっくりと時間をかけた自然発酵法でオイル分を取り出しました。
・土壌からこだわった有機認証取得オイル
アメリカの有機認証「USDA」やドイツの有機認証「CERES」を取得した有機認証を取得したエキストラバージンココナッツオイルを100%使用。
・トランス脂肪酸を含みません
人体への悪影響が懸念されるトランス脂肪酸やコレステロールを含みません。
・天然の中鎖脂肪酸で燃焼系ダイエット
中鎖脂肪酸を多く含むため体脂肪の燃焼を促進し、ダイエットオイルとしてもおすすめです。
[PR]
by rinnesha | 2015-02-23 17:19 | 今日のオススメ | Comments(0)
今月のミラベルのケーキは、バナナのベイクドチーズケーキです。
中はオーガニックバナナがぎっしり詰まっていて、
ずっしりとした重みのあるケーキになっています。
a0281794_10253780.jpg

ミラベルのケーキは、添加物を一切使わっておらず、
また甘さは控えめなので、まったくくどさはありません。
りんねしゃのお客様でも固定のファンが多いのです・

2月24日(木)26日(木)にお届けできます。
ご注文は、0567-24-6580、もしくはuji@rinnesha.comまで。
[PR]
by rinnesha | 2015-02-21 10:26 | 今日のオススメ | Comments(0)
株式会社りんねしゃは、本社である愛知県の他に、北海道に支店と農場を構えています。北海道紋別郡滝上町は、札幌市から車で約4時間、オホーツク海に面した紋別市から車で40分の場所にある、町花でもある芝ざくらと和種薄荷で大変盛んな町です。特に5月の中旬になり、芝ざくらが満開になると、観光客で大変な賑わいを見せます。

滝上農場では、アロマで防虫「菊花せんこう」をはじめとする、「除虫菊の輪」シリーズの原料になっている天然除虫菊と和種薄荷の栽培を駐在スタッフにより行っています。
a0281794_9402384.jpg

昨年の除虫菊栽培の様子です。
白い花を咲かせているのが除虫菊です。
a0281794_9403627.jpg

国道沿いに面した除虫菊畑(ほんの一部です)
今年は、国道から真っ白な除虫菊の花を見ることが出来るかな?
a0281794_9404778.jpg

こちらが滝上支店です。外観には、滝上町のキャラクターである芝ざくらの妖精ピコロちゃんが描かれています。そして、庭には芝ざくらやはぜの木なども植えられています。
滝上支店では、滝上町初の地酒となった、滝上町産原料100%の大変珍しい小麦のにごり酒「錦仙峡」や滝上町産和種薄荷を使用した「ピコロ・ハッカあめ」を始めとする滝上町地場産品を開発しています。

北海道支店
〒099-5602 北海道紋別郡滝上町滝ノ上市街地二条通1-7
TEL 050-3539-6150 FAX 0158-29-2528

a0281794_16223340.jpg

こちらが、小麦にごり酒の名称の由来になった、市街地の中央を東西に流れる渚滑川の渓谷「錦仙峡」に沿った総延長5km以上にわたる遊歩道です。季節によって様々な表情を見せ、町民の方に親しまれる散歩コースになっています。

現在は、まだ気温氷点下の毎日ですが、5月になり、雪解けが始まるころ、滝上農場は再び動き出します!その際は、去年同様、除虫菊・薄荷畑の記録を日々お伝えしていきたいと思っています。
[PR]
by rinnesha | 2015-02-21 10:17 | 滝上・除虫菊農場 | Comments(0)
先週、りんねしゃでは味噌仕込みワークショップを開催いたしました。多くの方に参加していただき、大好評だったわけですが、大豆、塩、麹というシンプルな素材だけで作られる味噌は、誕生以来1300年以上にわたり、日本人の食生活の中で育まれ、原料事情、気候風土、食生活や嗜好にあわせ、さまざまな特色を持った味噌が作られるようになりました。地域によって、好まれてる味噌の種類は様々ですし、味噌に合わせた地域独特の料理というのも興味深いですよね。今回は、米、麦、豆といった原料の違いの特徴とりんねしゃおすすめのお味噌をご紹介します。調理によって使い分けたり、ブレンドして自分好みの味噌を作っても面白いと思います。紹介している味噌は、りんねしゃ店頭、発送、もしくはオンラインショップ(http://rinnesha-shop.com/)でご購入いただけます。


【米味噌】
大豆と米麹で作られるのが米味噌。全国的に生産され、生産量の約80%を占める。味噌汁にすると、米特有の甘さを感じることができ、

おといねっぷ味噌/ecoおといねっぷ(北海道)
a0281794_17523595.jpg

北海道で一番小さな村・音威子府村で造る北海道産原料にこだわった米味噌。北海道ならではの寒さがきびしい大自然の中で、ゆっくりと1年半熟成させた。添加物を使わない、昔ながらの味噌は大豆の風味が生きたやさしい味になっている。



【豆味噌】
大豆と豆麹で作られるのが豆味噌。生産量の約5%を占める。中京地方で生産され、代表的なものに八丁味噌がある。濃厚で、大豆主原料の特徴を発揮し、旨み成分がたっぷり。味噌おでん、味噌かつなど名古屋人には欠かせない味噌。

a0281794_17552936.jpg

三年熟成豆味噌 / 南蔵商店(愛知県)
大豆と塩だけで仕込む中部圏独特の豆味噌。昔から豆味噌、たまりの本場といわれた愛知県武豊町で明治5年より代々受け継がれている製法を頑固に守る。良い麹作りのために室温を保ちながら3日寝かせる。そして、3年熟成された味噌は、口の中でふわっと豆の香りが広がる。



【麦味噌】
大豆と麦麹で作られるのが麦味噌。生産量の約9%を占める。熟成期間1~3ヶ月、塩分10%程度で甘口に、3~12ヶ月、塩分11%程度で辛口になる。温暖な気候の九州・四国地方で馴染みが深く、代表的なものに九州麦味噌がある。味噌汁にすると、麦の良い香りを感じることができ、喉越しの良い飲みごたえと非常にあっさりした味が特徴である。

a0281794_17575344.jpg

長崎麦味噌 / チョーコー
“まろやかさ”と“うまみ”を大切にじっくり育てた麦味噌。熟成後に熱処理を行っていない『生みそ』なので、みそ本来の風味と香りがひき立っている。



.
[PR]
by rinnesha | 2015-02-19 18:20 | 今日のオススメ | Comments(0)

とみしろ塩

日本の塩の歴史はご存知でしょうか。
昭和46年に塩業近代化臨時措置法が制定され、一般企業が日本で塩の製造を行ったり、自由に輸入することが禁止されました。日本の伝統であった塩田を全て廃止し、塩化ナトリウムという高純度の塩のみ(食塩)しか国民は手に入れることが出来なかったのです。
なんとその状態が92年間もの間続きました。自由化の一環として平成10年に、新たに塩事業法が施行され、塩の製造、販売、輸入(2002年より)が自由にできるようになりました。その後は、世界各国から様々な塩が輸入されるようになり、塩製造者も増え、昔ながらの塩田が一部で復活し、日本各地で様々な方法で塩づくりが行なわれています。

海水や岩から取り出す自然塩には、にがりと呼ばれる塩化マグネシウムが含まれているのが特徴で、その他複数のミネラル分が微量含まれていて、食塩のような塩辛いだけでなく、甘みと旨みを兼ね備えた味で、焼き物やおにぎりなどの料理に使うのにおすすめです。


          昔ながらの手造り塩 とみしろ塩
a0281794_17164375.jpg

オーストラリア産天日塩を原料とし、にがり分を加え、一旦真水で溶解し、
伝統の平釜製法で作り上げた昔ながらの手作り塩。
にがり分や微量のミネラル分を含むため、
塩辛いだけでなく、甘さや旨みも感じることが出来る。

ご購入は、りんねしゃ店頭、またはオンラインショップまで。
http://rinnesha-shop.com/
[PR]
by rinnesha | 2015-02-18 17:19 | 今日のオススメ | Comments(0)

りんねしゃのセット野菜

今週のセット野菜のご案内です!

ねぎ  熊本・岩永さん
じゃがいも  北海道 剣淵・生命を育てる大地の会さん
ごぼう  熊本県・白石さん
ブロッコリー  熊本県・古川さん
えのき  長野県・えのきボーヤさん
緑豆もやし  岐阜県・サラダコスモさん
ほうれんそう(2個)
 北海道・キセキコンダクトカンパニーさん
キャベツ  熊本県・岩瀬さん


〜りんねしゃセット野菜〜

毎週、8〜10種類ほど2000円分の旬の無農薬/有機野菜を詰め合わせにしてお届けしています。
配達・配送承っています。

a0281794_1020489.jpg

(写真はイメージです)
[PR]
by rinnesha | 2015-02-17 10:08 | 今日のオススメ | Comments(0)

愛知県津島市の小さな自然食品店。りんねしゃの日々あれこれ


by rinnesha